2010年04月30日

舛添前厚労相らが「新党改革」を結成(医療介護CBニュース)

 舛添要一前厚生労働相ら参院議員6人が4月23日、東京都内で記者会見し、「新党改革」の結成を発表した。代表に就任した舛添氏は、「政治に対する不信感が経済不況と相まって、この国には閉塞感がみなぎっている。このような状態を打破して、国民のための開かれた政治を確立し、明るい日本をつくる」と決意表明した。

 舛添氏は離党した自民党について、「政策提言したが、旧態依然たる体制、体質は全く変わらなかった」と批判。「自民党のために厚生労働大臣をやったわけではない。新型インフルエンザも肝炎も、国民を救うために(対策を)やったつもり。そこは全く変わらない」と述べた。

 新党改革には舛添代表のほか、自民党を離党した矢野哲朗代表代行、小池正勝政調会長、改革クラブの渡辺秀央最高顧問、荒井広幸幹事長、山内俊夫事務総長の6人が参加。医療・介護の充実や、「政治とカネ」の問題の解消などの政策を掲げている。


【関連記事】
医師の計画配置は「憲法違反」―舛添厚労相インタビュー(上)
新型インフル、「本格的な流行が始まった」―舛添厚労相
舛添厚労相、「介護と医療の一体化を」
舛添厚労相「中医協見直しの時期に」
舛添大臣「安心実感できる国に」

鳩山首相、沖縄知事発言で「米国とどうのこうのならん」(産経新聞)
秋田産リンゴ、青森産と表示 青森の業者販売(河北新報)
追跡中のパトカーが衝突事故=タクシーの2人軽傷−埼玉(時事通信)
もんじゅ運転再開へ 福井県知事と経産相、文科相が合意(産経新聞)
「マッサージ痛い、やめろ」4歳児けった父逮捕(読売新聞)
posted by モンマ サダハル at 04:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。